玄米の上手な摂り方を紹介

玄米で健康に

玄米食は非常に健康効果が高いと言われている食品です。

 

お米の栄養素のうち、95%は表皮と胚芽と呼ばれる部分に含まれているということはご存知ですか。

 

精白して白米にするということは、表皮・胚芽・胚乳からなる玄米のうち、栄養価が高い表皮・胚芽を取り除くことを意味しているのです。

 

つまり、玄米の段階では100%あった栄養が、精白することで5%しか残らなくなってしまうという事なのです。

 

よく、栄養を摂取するために野菜はたくさん食べる、様々な食品を食べるようにしたほうがいいと言われますが、精白せずに食べることも検討してみてください。

 

また、玄米は水につけておくと発芽しますが、精白したお米は水につけておいても発芽しません。

 

つまり、精白するとお米は死んでしまうということなのです。

 

どうしても玄米の食感や味に慣れることが出来ないという人は胚芽精米と呼ばれるものを試してみてはいかがでしょうか。

 

これは、胚芽を80%以上残したもののことをいいます。

 

胚芽には全体の栄養素のうち66%が詰まっているとされているので、ここが残っていれば多くの栄養を摂取することが出来るのです。

 

精白米よりもほんのちょっとだけ栄養素が高いというレベルではなく、多くの栄養素が○倍という多さになるので、同じ量のお米を食べたとしても、摂取出来る栄養素は豊富になります。

 

小食であまりたくさんの食材を食べることが出来ないという人も、少ない量でたくさんの栄養素が補給出来るので検討してみてはどうでしょう。

玄米で健康に関連エントリー


Copyright (C) 2009 玄米を美味しく食べる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

玄米で健康に

玄米がなぜ身体にいいのか、その栄養素や上手な炊き方などを紹介します