玄米の上手な摂り方を紹介

玄米と脚気

玄米と関係がある有名な話が脚気(かっけ)という病気です。

 

どんな病気かというと、体が妙に疲れやすくなったり、何をしてもやる気が出ない、眠い、体がむくむといった症状が出るのです。

 

これはまだ軽い症状なのですが、改善策を取らないと悪化してしまい、心臓や神経、脳の異常が見られるようになるのです。

 

江戸時代の頃、参勤交代で江戸に向かった人たちが、江戸に居る間はこういった症状に悩まされるものの自分の故郷に帰ると治るといった不思議な病があり、当時は「江戸わずらい」と呼ばれていましたが、これも脚気が原因なのです。

 

これは、故郷のほうでは玄米が食べられていたものの、江戸では白米が主流になっていたことが原因だと言われています。

 

それによってなぜ脚気になるのかというと、これはビタミンB1が不足することが原因です。

 

今のように副食が豊富ではなかった時代、人々は知らず知らずのうちに玄米でビタミンB1を摂取していましたが、それがなくなってしまったために脚気が流行ったということなのです。

 

脚気は、遥か昔の病気のように考えてしまっている人もいるようですが、今でも珍しいものではないのです。

 

これは、逆に副食が増えたことも関係してしまっています。

 

というのも、糖分を多く摂ることが出来る食事が増えてしまったからなのです。

 

糖分を分解する際にはビタミンB1が必要です。

 

普段から食事に気をつけている人はそれほど多くないでしょう。

 

脚気を予防したい、もしくは何からの症状が出ていて改善したいという場合にも玄米を検討してみてはいかがでしょうか。

玄米と脚気関連エントリー


Copyright (C) 2009 玄米を美味しく食べる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

玄米と脚気

玄米がなぜ身体にいいのか、その栄養素や上手な炊き方などを紹介します