玄米の上手な摂り方を紹介

発芽玄米とは

発芽玄米(はつがげんまい)がとても健康に効果があるという話を聴いたことがあるのではないでしょうか。

 

一時期とても話題になったものなので、既に食べたことがある人もいるはずです。

 

これは、その名の通り発芽させた玄米の事なのです。

 

通常の白米は、水につけておいても芽が出ることは無いでしょう。

 

なぜかというと、精白した状態で発芽するための機能を失ってしまう為です。

 

では、白米との違いは他に何があるのでしょうか。

 

これは、通常の玄米に比べても更に栄養が豊富であるという点が大きく異なります。

 

しかも、発芽したものは柔らかく、甘みが増すのです

 

つまり、更に栄養価が高いものがおいしく食べられるようになるということなのです。

 

また、専用モードがない炊飯器で炊いても美味しく炊けるようになるのも大きな特徴でしょう。

 

見た目はそれほど通常の玄米と異なりません。

 

もやしのようにしっかりと発芽しているものを想像してしまう人もいるかもしれませんが、それとは少し違います。

 

もちろん、発芽したものだけを炊いて食べるのもおすすめですが、初心者の人は白米と混ぜて炊いて食べてみたほうがよいでしょう。

 

慣れてきたら徐々に割合を変えていけば無理なく続けることが出来るはずです。

 

自分で作ることも出来ますが、市販の玄米の多くは加熱乾燥がされているため、水につけておいても発芽することがありません。

 

自分で作ろうと思っている場合は、どのような加工がされているのか、発芽するものなのかを確認して選ぶ必要があるでしょう。

発芽玄米とは関連エントリー


Copyright (C) 2009 玄米を美味しく食べる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

発芽玄米とは

玄米がなぜ身体にいいのか、その栄養素や上手な炊き方などを紹介します