玄米の上手な摂り方を紹介

玄米の食べ方

玄米の食べ方が分からないという人もいるかもしれません。

 

一般的には通常の精白米と同じように食べられていますが、独特の風味や食感が苦手な人も多いのではないでしょうか。

 

独特の苦み、匂いを抑える方法として有名なのが、炊く時に一つまみ程度の塩を入れて炊くと言う事です。

 

塩を入れるのと入れないのとでは炊きあがりの香りに大きな差が出るので、是非試してみましょう。

 

栄養が豊富だと言われてもマズイと感じてしまっては続けることが困難になりますよね。

 

慣れないうちは、味が濃い料理で楽しむのがお薦めです。

 

例えば、カレーライスや牛丼といった物です。

 

それから、ピラフやチャーハンのような炒め物にするのにも向いています。

 

玄米の味が嫌いという人は、こういった直接ご飯に味付けが出来る料理で週に一度程度取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

味に慣れてきたら、または慣れるまでにお薦めなのが、おにぎりです。

 

普通のご飯と同じようにおにぎりを握りましょう。

 

味に慣れたら具はいらないという人も多いくらい玄米本来の味を楽しむことが出来るのです。

 

特に相性が良いとされているのは、具というよりゴマ塩です。

 

ゴマと塩の両方が玄米と相性ぴったりなので、おにぎり以外で食べる際にもゴマ塩をふりかけてみるのがお薦めの食べ方です。

 

味は食べ続けていれば慣れてくるものです。

 

最初からおいしくないと思って食べるとそう感じてしまうものなのでいろいろ工夫しながら食べられるようにしてみましょう。

 

玄米は食わず嫌いの人も多いので、まずは食べて見る事をお薦めします。

玄米の食べ方関連エントリー


Copyright (C) 2009 玄米を美味しく食べる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

玄米の食べ方

玄米がなぜ身体にいいのか、その栄養素や上手な炊き方などを紹介します