玄米の上手な摂り方を紹介

玄米が苦手な人は

玄米が苦手な人は具体的に何が苦手なのか明確にしてみるとよいでしょう。

 

大きく分けると、匂いと食感のどちらかが苦手なのだと思います。

 

味は白米とさほど変わりないのですが、独特の匂いがどうしても鼻についてしまうという人は多いようです。

 

これは、炊く時に一つまみの塩を入れるだけで随分と抑えることが出来るのです。

 

また、発芽したもののほうが匂いが強くなってしまうので、苦手な人は発芽させないで食べる事をお薦めします。

 

食感が苦手だという人に特にお薦めなのが圧力鍋です。

 

通常の炊飯器で炊いているという人も多いでしょうが、炊飯器のメイン機能はあくまで白米の炊き上げなので、物によっては玄米を上手に炊き上げることが出来ないものもあります。

 

それから、水に浸す時間は十分足りているか確認しましょう。

 

固さが気になる場合は6時間以上水につけるようにするといいでしょう。

 

それでもどうしても無理!という人は、胚芽米から始めてみてはいかがでしょうか。

 

これは簡単に説明すると精白米と玄米の中間にあたるものです。

 

炊き方も普通の精白米と同じで良いので、面倒な手間もかかりません。

 

それから、実は玄米はおいしくないものと思っているだけの人もたくさん居るのではないでしょうか。

 

嫌々食べているから何となくおいしくない気がしてしまっているという人が非常に多いことを理解しておきましょう。

 

嫌いな人が多いプチプチとした食感ですが、逆にそれにハマって玄米を主食にしていると言う人も非常に多いのです。

 

白米と全く同じものとだと考えて食べると受け入れにくいかもしれないので、それぞれの良さを考えてみてはいかがでしょうか。

玄米が苦手な人は関連エントリー


Copyright (C) 2009 玄米を美味しく食べる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

玄米が苦手な人は

玄米がなぜ身体にいいのか、その栄養素や上手な炊き方などを紹介します