玄米の上手な摂り方を紹介

玄米の精米方法

玄米はどうしても苦手でなかなか食べることが出来ないという人は、精米方法を工夫してみてはいかがでしょうか。

 

一般的な真っ白なお米は精白米と呼ばれるものです。

 

これは癖がなくなる、そのかわりに栄養素も大幅にダウンしてしまいます。

 

どんな料理にも合わせやすいのが特徴ですが、健康食としては不向きです。

 

7分づきと呼ばれるものは一見精白米と変わりがありませんが、胚芽がほんの少し残っているため、精白米に比べると栄養があるのです。

 

5分づきは胚芽が残ってはいますが、表皮(茶色い表面の皮)が削られているため、食べやすいでしょう。

 

何が何でも玄米は食べられないというほどではないけれども好きになれないという人も3分づきから試してみてはいかがでしょうか。

 

1分づきというものもあります。

 

これはほぼ玄米の状態ではありますが、1分づきにすることで通常の炊飯器でも炊けるようになるのです。

 

炊く時に失敗してばかりという人は1分づきにしてみてはいかがですか。

 

最初は7分づきから始めて慣れたら3分づきに、それも慣れたら玄米に挑戦、という風に徐々にステップを踏んでいくことで慣れることが出来るのではないでしょうか。

 

今まで柔らかい精白米しか食べたことがないという人は、どうしても最初から玄米は食べづらいと思うので、自分なりに精米方法を工夫してみる事をお薦めします。

 

ただ、精米したものはその瞬間からどんどん風味が落ちていくので、一度に大量に精米はせず、少しずつ精米するようにしたほうがいいでしょう。

玄米の精米方法関連エントリー


Copyright (C) 2009 玄米を美味しく食べる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

玄米の精米方法

玄米がなぜ身体にいいのか、その栄養素や上手な炊き方などを紹介します