玄米の上手な摂り方を紹介

玄米の味

玄米の味は、実際に食べたことがある人じゃないと分かりづらいでしょう。

 

ただ、勘違いしている人がたくさん居る様なので説明しておきますが、玄米とは、黄色い殻がついた状態のお米ではありません。

 

その殻は籾殻(もみがら)と呼ばれるものですが、これがついた状態のものだと勘違いしている人が居るようですね。

 

もちろんこの状態では食べることは不可能です。

 

籾殻を取ったものが玄米です。

 

味はというと、人によっては匂いが気になるという人もいるようですが、これは炊く時に塩を入れることで抑えることが出来ます。

 

どちらかというと、食感のほうが気になるという人が多いようです。

 

表面上が薄い皮で覆われているので、噛んだ時に少しぷちっという感覚があります。

 

今まで精白米を食べていた人は、その食感に慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

 

ですが、炊き方を間違わない限り我慢出来ないほどの固さを感じることは無いでしょう。

 

匂いや味がどうしても気になる人は、小豆を入れて炊いてみましょう。

 

ちょっと茶色っぽい見た目が嫌だという人もいるかもしれませんが、その問題も小豆を入れることで解消します。

 

赤飯のような見た目になるわけなので、あまり玄米であることを意識しないで食べることが出来るようになるのです。

 

もちろん匂いも小豆に負けてなくなるので、匂いが苦手で食べられなかった人にもお薦めです。

 

玄米が嫌いな人でも食べ続けることでほとんどの人が慣れることが出来る様なので、まずは一日一食で続けてみましょう。

玄米の味関連エントリー


Copyright (C) 2009 玄米を美味しく食べる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

玄米の味

玄米がなぜ身体にいいのか、その栄養素や上手な炊き方などを紹介します