玄米の上手な摂り方を紹介

発芽玄米の作り方

発芽玄米は販売もされていますが、通常のお米に比べるとかなり高価です。

 

体に良いのは分かっていても、値段が高いためにどうしても手を出すことが出来ないという人もいるかもしれません。

 

そういった人の場合は、続けるためにも作り方を覚えて自分で発芽させてみてはいかがでしょうか。

 

まず、広くて浅い金属バットのようなものに玄米を広げましょう。

 

次にお湯を入れますが、約30℃くらいのものをしっかり隠れるくらい入れましょう。

 

保温のためにラップで蓋をするのですが、空気穴を多めに開けておくことを忘れないようにしましょう。

 

ここまで出来たら準備完了となります。

 

しっかり発芽させる上で重要なことは、温度を一定に保ってあげるという事です。

 

寒すぎると発芽してくれないので、日中は日向に、夜は台所などの温かい場所に移動してあげましょう。

 

逆にあまり熱くしてしまうと、玄米が茹であがってしまうので、気温によっても変えなければいけません。

 

水の温度の目安としては、「ぬるい」くらいがちょうど良いでしょう。

 

大体1日くらいで発芽が完了しますが、その間に最低でも夏場は6時間、冬場は8時間ごとに水を取り変えながら発芽させましょう。

 

玄米から0.5mm〜1mmぐらい芽が出ていればそれで完了です。

 

全ての玄米が発芽していなくても2日以上経つようであればそこで終了としたほうがいいでしょう。

 

放置しておけばどんどん発芽した芽は伸びていきますが、伸びれば伸びるほどいいというわけではありません。

 

伸びすぎたものは食べることが出来なくなってしまうので0.5mm〜1mmぐらいを目安にしましょう。

発芽玄米の作り方関連エントリー


Copyright (C) 2009 玄米を美味しく食べる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

発芽玄米の作り方

玄米がなぜ身体にいいのか、その栄養素や上手な炊き方などを紹介します